サイトトップサイトトップサイトトップ
corner
マップ
サイトトップ
サイトトップ
選手
用語集
用語集
掲示板
リンク
 
サイトへの
お問い合わせ

left_down_right
left_down


お花見(洗足池公園) 2005/4/10
夜桜
選手団
洗足池公園
食べ盛りの白玉ちゃん
筋肉な人たち
シツケの悪い人たち
よく食べる人たち
笑はば笑え
いいですな〜
すでに目があぶないチガヤ
腕相撲コンビ
沈没
 
 
 

坂口安吾氏によると、桜の木の下には妖怪が住んでいるので、むやみに近付くと頭が狂うそうだ。

 

2005年4月10日、安吾説に挑戦する武蔵小山撞球隊の勇士たちは、洗足池公園に集まった。
なかには横浜や調布、荻窪から駆けつけた人たちもいるが、この人たちはすでに頭が狂っているといっていいだろう。

 

例によって下品である。
この日は、アームレスリング(腕相撲)世界大会準優勝の辻さんも参加。
突然、腕相撲大会が始まったが、腕まわり47cm、ベンチプレス200kg(注:西武のカブレラが160kg)の辻さんに投げ飛ばされる者が続出し、周囲の大ヒンシュクを買ったのである。

 

それにしても田中派の品のなさは常軌を逸している。
かれらの言動を公表すれば、まちがいなく全員無職になるだろう。

 

呑めや唄え。
田中貢太郎氏は「酒を呑む場所は道場と心得ろ。」のとおり、自宅に道場のような部屋を造り、そこで大いに呑まれたという。
酒を呑まぬものは俗物である。

 

うらうらと時間はながれ、夜9時。
妖怪はチガヤを襲った。
人間離れした酒癖のわるさは妖怪のしわざにちがいあるまい。

花吹雪
 うねりて屋根を
  越えゆけり

途中でいい月がでた。



 
Copyright(C),Billiard Pocket. All right reserved.

inserted by FC2 system