サイトトップサイトトップサイトトップ
corner
マップ
サイトトップ
サイトトップ
選手
用語集
用語集
掲示板
リンク
 
サイトへの
お問い合わせ

left_down_right
left_down
ヘタッピ専用ワッペンである

派手なデザインを希望される方が多いようなので鋭意工夫しました結果、このデザインに辿りつきました。
他に類をみないインパクトの強さ、計算されつくした曲線の美、「武蔵小山撞球隊」と「武者修行」に共通する「武」の文字のたくましさ。
芸術祭参加作品クラスのできばえと自負しております。
バックの緑は「草原」をイメージしました。
つまりこのうんこは「野グソ」であります。

 

このワッペンを付けてただ一人で他店の試合に参加された方こそはまさに「武士」でありましょう。
いえいえ馬鹿にしたものでもありません。
このワッペンが胸で輝く時、対戦相手の気合いはおそらく9割カットされることでしょう。
ああ、おそるべき深慮遠謀。

 

なお残念ながら私は使用いたしません。
なぜなら、皆様のヘタッピな玉撞きにこそこのワッペンは似合うだろうと考えるからであります。
ほほほほほ〜〜〜


 
ワッペンのデザインである

ワッペンのデザインを考えた。
左のは「基本形」というべきだろう。
中のは「ビール」をイメージしてみた。
右のは「富士は日本一の山」である。

 

わたしの意見を添えておこう。
(左) 一般的というべきか落ち着いているというべきか、まあスリルもサスペンスもない。岡安好みか?
(中) わたしはポケットに行くと必ずビールをいただく。夏も冬も関係ない。年がら年中である。どうしたことだろう。わたしはビリヤードの玉を見るとビールが欲しくなるのだ。鈴の音で犬がヨダレを出すのと同じ理屈だそうだ。
(右) 日本一といえば富士である。いつの日にかポケットから日本一の選手が誕生しますように、との願いがこめられている。ただ私の場合、富士を見るとつい手を合わせてしまう。手を合わせていては玉を撞けない。ここに問題がある。


 
Copyright(C),Billiard Pocket. All right reserved.

inserted by FC2 system